持ちものとチェックポイント

ブライダルフェアに参加するときは、二人のスケジュールを合わせて、可能な限り一緒に参加するのがいいでしょう。
その時、貴重な時間を有効活用するためにも、ブライダルフェアで確認しておきたいことについては、事前に話し合いリストアップしておいた方が結婚式場選びは簡単です。

ブライダルフェア会場では、パンフレットなどの資料が入手できますが、その会場の特徴などは、自分たちでわかるようにメモをしておくことも大切です。
また、会場の特徴を形として把握するためにも、カメラを持参して写真に残しておくといいでしょう。
なお、カメラ撮影が可能かどうかは、会場予約をするときなどに確認するほか、その場でも確認することをお勧めします。
ちなみに、「試着会」のときに「記念写真サービス」を受けられるところもありますが、自分たちでも写真撮影しておくと、より想い出深いものになります。

ブライダルフェアに参加する大きな目的は、結婚式場選びにありますが、当日の主役になる自分たちだけでなく、出席者に配慮することも大切です。
ブライダルフェアでは、「模擬結婚式」や「模擬披露宴」「試食会」などがあり、当日の式の様子をゲスト目線で確認することも可能です。
遠くからの招待客がいる場合には、会場までのアクセスも気にしたいところです。

もちろん、会場の雰囲気や、会場への移動途中にある段差などを知っておくことで、自分が希望する衣装に合うかどうかの判断として有効活用ができます。
それと同時に、ゲストの控室などがどのような仕様になっているかについても、きちんと確認しておきたいことです。

バリアフリー対策は多くの施設で進んでいますが、実際に利用する立場にならないとわからないこともあります。
心に残る結婚式や披露宴にするためには、出席する人が満足できるための会場選びや演出が大切ですので、そのためにも、チェックしたいポイントを先に挙げておき、それを各会場に行ったときに確認するようにしましょう。